ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録(ぶっしのぶっしん かまくらはんぶんぶっしろく)

ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録

今は昔、鎌倉時代──。
黄金郷・平泉の地で半身を失った、少年仏師・想。
半分ニンゲン、半分ホトケの体となった想は、数奇な運命を辿ることになり…!?
隠の王」の鎌谷悠希が挑む、仏像たっぷりのスペクタクル絵巻!!


  • LINEで送る

作品インフォメーション Information

  • 2016.12.22 『ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録』 単行本第5巻 発売!!

最新話はこちら Latest chapter

  • 2016.10.20
  • [談その二十五] 人で、なし 公開!
  • 次回更新

    未定
  • 読む
  • この作品の感想を送る

バックナンバー

 

キャラクター紹介 Characters

  • 想運 (そううん) 少年仏師。元の名は想。彫ったものに、神仏を喚びよせることができる。平泉にて、地神・ミズチに左半身を奪われ、その衝撃で明星菩薩とくっついてしまった。記憶喪失中。
  • 明星菩薩 (みょうじょうぼさつ) 光を司る観音菩薩。ミズチを倒すため、想に喚び出された。
    ミズチに右半身を食われ、想の左半身に宿ることに。
  • 運慶 (うんけい) 仏師集団・東大寺工房を束ねる棟梁。仏像を彫らせれば右に出る者はいない。時の権力者・源頼朝の依頼で想を預かり、「想運」の名を与える。現在は鎌倉に駐在している。
  • 湛慶 (たんけい) 運慶の長男。運慶に代わり、東大寺の工房を預かる実力派仏師。
    想運の良き友であり、ライバルともいえる存在だ。
    尻に並々ならぬこだわりを持つ。
  • 平教経 (たいらののりつね) 源氏に仇なす、平家の落人のリーダー。想運たちと対立する。
    日本全土のミズチを味方につけ、平家復興を目指している。
  • 菊 (きく) 教経に忠誠を誓う、謎の剣豪。
    木彫りから、偽物のミズチを生み出すことができる。
    想運の過去を知っているようだが…。
  • 茶経 (ちゃつね) 伎楽面をかぶり、アイドル活動をしている少女。従者の桜と常に行動を共にしている。剣技に優れ、護衛として想運たちの旅に同行する。

キーワード

来迎術 (らいごうじゅつ)

仏像に、神仏を喚びよせる技術。
基本的には、自分で彫った像でないと使えない。
想運のみが、修復した過去の像にも来迎させることができる。

単行本 Comics

ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録 5巻 仏心(ぶっしん)を込め、共にノミを振るおう 京の人々を惑わせ死に導く、恐怖の地神・ミズチ。混乱を鎮めるため鞍魔寺三尊の来迎を迫られた想運たちは、湛慶総指揮のもと力を合わせて造像を急ぐ。残酷な運命が、すぐそこに迫っているとは露とも知らず──。
奇想迸る仏像ファンタジー、風雲急を告げる第5巻!
2016年12月22日発売 B6判 本体562円+(税)
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
TOPへ戻る