堕アホリズム/アホリズム(だあほりずむ/あほりずむ)

堕アホリズム/アホリズム

卒業すれば高級官僚にもなれると謂われたエリート育成校「楢鹿高等学校」。
夢と欲望を胸に秘め、エビゾーはその門を潜るが、始まるは血で赤く染まる地獄の青春。
話題の学園サバイバルホラー「アホリズム」の新エピソードを原作・宮条カルナ&作画・田中ひかるで贈る新たなる絶望の物語、開園!!!

「アホリズム」第一部もリバイバル連載中!


  • LINEで送る

作品インフォメーション Information

  • 2019.02.22 『堕アホリズム』 第1巻&『弩アホリズム』 第1巻 同時発売!!

堕アホリズム da aphorism

  • 2019.06.10
  • [第拾話] 「邪」 公開!
  • 掲載期間

    2019.06.10~2019.07.07
  • 次回更新

    2019.07.08
  • 読む
  • この作品の感想を送る

バックナンバー

 

アホリズム aphorism

空に島が見える者のみ入学出来る全寮制の「楢鹿高校」。卒業した者には未来が約束された。だが、希望を抱く生徒達を待つのは絶望の試練「神蝕」。閉鎖された学校。充満する狂気と恐怖。生徒達の生き死にを懸けた生存競争が始まる─────。戦慄の学園サバイバルホラー!!

  • 2019.06.24
  • [第肆拾壱話外典] 「壁」 公開!
  • 掲載期間

    2019.06.24~2019.07.07
  • 次回更新

    2019.07.01
  • 読む
  • この作品の感想を送る

バックナンバー

 

アホリズム キャラクター紹介 Characters

  • 六道 黄葉 (ろくどう もみじ) 主人公。何も取柄のない自分を変える為、「楢鹿高校」に入学する。文字の能力は「変」。
  • ??? (???) 六道の窮地に現れる黒髪長身の謎多き人物。六道を名乗るが、容姿も性格も全くの別人。
  • 比良坂 アイラ (ひらさか あいら) 真っ直ぐで優しい性格の女子生徒。剣術の名門、比良坂流の跡取り。文字の能力は「刀」。
  • 日向 三十郎 (ひなた さんじゅうろう) 六道と同部屋の男子生徒。利己的だが、頼りになるリーダー的存在。文字の能力は「智」。
  • 朝長 出 (ともなが いづる) 入学式初日から、きな臭い噂を囁かれる生徒。残忍で非道な性格。文字の能力は「盗」。
  • 袴田 進 (はかまだ しん) 六道と同じ1組の男子生徒。見た目とは裏腹に、かなりの小心者。文字の能力は「蘇」。
  • 篠原 ノア (しのはら のあ) アイラと同じ部屋の女の子。日向とは中学時代からの知り合い。文字の能力は「弓」。
  • 美濃 (みの) 日向とは小学時代から一緒の男子生徒。日向曰く、性格悪い。文字の能力は「点」。
  • 佐伯 北斗 (さえき ほくと) 南斗とは双子。南斗と違う言い方で同じ事を喋る。文字の能力は「矛」。
  • 佐伯 南斗 (さえき なんと) メガネをかけている方が南斗だが、これには秘密がある。文字は「盾」。

単行本 Comics

堕アホリズム 1巻 卒業するだけで官僚になれるエリート校に入ったら、生徒がバタバタと死んでいくヤバいとこだったけど、学食がおいしすぎて頑張れそうです! 卒業すれば高級官僚になれると謂われたエリート育成校「楢鹿高等学校」。夢と欲望を胸に秘め、海老沼小春はその門を潜る。だが、始まるは校庭を血で赤く染める地獄の青春。希望の翼をもがれた生徒達は、真っ逆さまに堕ちて逝く…。新たなる絶望の物語、開幕――――。 2019年2月22日発売 B6判 本体571円+(税)
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 電子書籍版

関連書籍

弩アホリズム 1巻 学校に、殺される。再び 卒業した生徒を見た者はなく、学校で何が行われているのかさえ誰も知らない奇怪な噂が立つオカルト界のカリスマ校「楢鹿高等学校」。空に島が見えし少年は訳あってその門を潜ってしまう。些細な過ちから生徒達の地獄は始まる…。繋がり続ける絶望の物語、開幕――――。 2019年2月22日発売 B6判 本体571円+(税)
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 電子書籍版
みんなの呉 1巻 曹操に、殺される? 悠久の中国、群雄割拠の時代。中原の覇者、曹操。義を掲げ戦う、劉備。本当は凄いけどあんまり目立たない呉の孫権が主役の三国志正史コミック、それが「みんなの呉」! ゆる~い孫権とクセ者揃い家臣たちの前に、曹操の大軍が迫りくる───!!? 2011年5月21日発売 B6判 本体562円+(税)
  • Amazon
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 電子書籍版
TOPへ戻る