痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった

満員電車で助けたのは、S級美少女の幼馴染だった。 高校2年生の高森諒は、幼馴染の伏見姫奈を痴漢の魔の手から救う。 姫奈とは中学以来ずっと疎遠だったが、その日から積極的なアプローチが始まって――。 甘くて、淡くて、じれったい、幼馴染との至高のすれ違いラブストーリー。

原作/ケンノジ(GA文庫/SBクリエイティブ刊) 構成/松浦はこ 漫画/緑川葉 キャラクター原案/フライ

感想を送る

作品インフォメーション

『痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった』コミックス第5巻 2022年5月7日 発売!! 原作小説第6巻もGA文庫よりほぼ同時発売!!

単行本

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 5巻

幼馴染とのファーストキス。それは“好き”とは何か考えるきっかけに――。

「…まだ誰ともちゅーしてないのなら、わたしとしてほしい」 楽しいBBQ(バーベキュー)の時間に生じた亀裂。それは、当事者の姫奈(ひな)と篠原(しのはら)だけでなく、鳥越(とりごえ)の胸中にもモヤモヤとした感情をもたらす。気まずい空気が漂う中、全てを察した茉菜(まな)が考えた作戦とは…? さらにBBQのラストを飾る花火の最中(さなか)に姫奈がとった積極的な行動。これにより、諒(りょう)は自身の気持ちと向き合う必要に迫られていく――。 美少女との青春は、花火のように華やかな一瞬を刻み、切ない影をもたらす――。

...続きを読む

2022.05.07発売!

フェア情報

関連書籍

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 6

著者/ケンノジ イラスト/フライ 発行/SBクリエイティブ(GA文庫)

...続きを読む

GA文庫