壬生の狼、猫を飼う~新選組と京ことば猫~

時は幕末。佐幕派と倒幕派が入り乱れた激動の時代において、一番の中心地である京都の治安維持を任された剣客集団、新選組。“壬生の狼”と恐れられた彼らの中でも屈指の剣の使い手であった三番隊組長・斉藤一の元に、ある日1匹の黒猫が現れる。その日から、彼らはお互いになくてはならない存在になっていき――!? 実写ドラマ化もされた「鈍色の箱の中で」の篠原知宏が描く、全く新しい新選組絵巻、ここに開幕!

篠原知宏

感想を送る

作品インフォメーション

『壬生の狼、猫を飼う~新選組と京ことば猫~』 単行本第3巻(完) 2022年7月12日 発売!!

単行本

壬生の狼、猫を飼う~新選組と京ことば猫~ 2巻

“池田屋事変”、ついに勃発! 斉藤とマルの運命は――!?

親を亡くし天涯孤独の身となった黒猫のマルは、父と同じ目をした男、新選組三番隊組長・斉藤一と出会い、いつしか彼に飼われることに! ある日、新選組副長の山南に連れられ島原へやってきたマル。怪しい男に襲われかけるも、監察方の山崎丞に助けられ事なきを得る。その時捕らえられた男はなんと、京の町に火をつけてその混乱に乗じて帝をさらおうという、恐ろしい計画を立てていた! さらに斉藤とマルはその計画の首謀者である吉田敏麿と偶然出会うと、なぜか二人は猫友達になってしまい…!?

...続きを読む

2022.02.12発売!